• 2019.07.19

イランの無人機撃墜 原油価格の支えに?

原油価格反発 中東で再び緊張 原油価格は金曜日、小幅に反発。 WTI原油先物は、日本時間13時36分、前日終値より88セント高い56.18ドルとなっている。 原油価格は木曜日、原油需要の減退懸念から、大幅に下落していた。 しかし米軍がホルムズ海峡でイランの無人機を撃墜したと伝えられ、原油価格は反発したようだ。 イランの無人機撃墜 原油価格の支えに? 米国は木曜日、米軍の艦艇がホルムズ海峡でイランの […]

  • 2019.07.18

米住宅着工件数減少 利下げ可能性高まる?

金価格高止まり 米経済データ受け  金価格は木曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間11時39分、前日終値より1.3ドル高い、1424.6ドルとなっている。 6月米住宅着工件数が予想を下回ったことが利下げ期待を後押しし、金価格上昇につながったようだ。 利下げ期待の高まりでドルがやや下げたことも、金価格の押し上げ要因となったとみられる。 米住宅着工件数減少 利下げ可能性高まる? 6月の米住宅着工 […]

  • 2019.07.17

中東緊張はどうなる? 需要堅調の見方も

原油価格ほぼ横ばい 中東の緊張緩和で 原油価格は水曜日、小幅に上昇。 WTI原油先物は、日本時間12時20分、前日終値より19セント高い57.67ドルとなっている。 原油価格は火曜日、トランプ米大統領がイランとの関係改善を示唆したことを受け、3%以上下落。 一方でイランは交渉に消極的で、すぐの解決はないとの見方から、原油価格は下げ止まったようだ。 中東緊張はどうなる? 需要堅調の見方も トランプ米 […]

  • 2019.07.16

様子見ムード広がる 金価格材料乏しく

金価格横ばい 米小売データ受け  金価格は火曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間14時33分、前日終値より3.1ドル高い、1416.6ドルとなっている。 6月の米小売売上高発表を前に、金市場では様子見ムードが広がっているようだ。 一方、FRBによる利下げ期待が、引き続き金価格を支えているとみられる。 様子見ムード広がる 金価格材料乏しく 中国の4~6月期GDP成長率は、年率で6.2%と、ほぼ […]

  • 2019.07.12

OPEC産油量が減少 石油需要は低下か

原油価格ほぼ横ばい 熱帯低気圧の影響も 原油価格は金曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間11時57分、前日終値より26セント高い60.53ドルとなっている。 中東地域の緊張の高まりが、引き続き原油価格の支えとなっているとみられる。 一方熱帯低気圧の影響で、メキシコ湾周辺の産油量が半分以下になっていることも意識されたようだ。 OPEC産油量が減少 石油需要は低下か ロイターによると、熱帯低 […]

  • 2019.07.11

利下げ可能性高まる 金には追い風か

金価格続伸 パウエル議長発言受け 金価格は木曜日、上昇。 NY金先物は、日本時間9時54分、前日終値より14.6ドル高い、1427.1ドルとなっている。 パウエルFRB議長が水曜日、利下げを示唆する発言をしたことで、金価格は押し上げられたようだ。 また、金と逆の動きをしやすいドル指数が下落したことも、金価格の上昇要因となったとみられる。 利下げ可能性高まる 金には追い風か パウエルFRB議長は議会 […]

  • 2019.07.10

ロシア産油量減少 市場は供給不足へ?

原油価格やや上昇 米原油在庫減で 原油価格は水曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間14時15分、前日終値より30セント高い58.64ドルとなっている。 火曜日発表の米原油在庫が4週連続の減少となったことが、原油価格を押し上げたようだ。 また、米・イランの緊張の高まりも、原油価格を支える要因となっているとみられる。 ロシア産油量減少 市場は供給不足へ? 火曜日にAPIが発表した、先週の米原 […]

  • 2019.07.09

金値動き乏しく FRB議長証言待ちか

金価格続落 米利下げ期待縮小で 金価格は火曜日、やや下落。 NY金先物は、日本時間9時52分、前日終値より4.2ドル安い、1395.8ドルとなっている。 FRBによる利下げ幅が、最小限にとどまるとの見通しが広がり、金価格の重しとなったようだ。 また、金と逆の動きをしやすいドル指数が上昇したことも、金価格の下押し要因となったとみられる。 金値動き乏しく FRB議長証言待ちか 金曜日発表の米雇用統計が […]

  • 2019.07.08

くすぶる景気後退懸念 OPEC生産量は低下

原油価格ほぼ横ばい 地政学リスクが下支え 原油価格は月曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間15時13分、前日終値より27セント安い57.46ドルとなっている。 地政学リスクの高まりや景気回復への期待が、原油価格の支えとなっているとみられる。 一方、米中貿易戦争が原油需要を押し下げるとの懸念が、原油価格の重しとなっているようだ。 くすぶる景気後退懸念 OPEC生産量は低下 金曜日発表の米非 […]

  • 2019.07.05

金値動き乏しく 株価上昇が重しか

金価格やや下落 米雇用統計を前に 金価格は金曜日、上昇。 NY金先物は、日本時間15時07分、前日終値より3.6ドル安い、1417.3ドルとなっている。 米非農業部門雇用者数の発表を前に、利益確定の売りが金価格の上値を抑えているとみられる。 ただ世界景気の先行き不確実性が増す中、金価格は高止まりの状況が続いているようだ。 金値動き乏しく 株価上昇が重しか 木曜日は米市場が休日となっていたため薄商い […]

1 22

Overall Ranking