25/30ページ

25/30ページ
  • 2018.12.07

2018年12月7日【原油】

原油価格は小幅に下落 OPEC減産に不安感 金曜日、原油先物は小幅に下落。 WTI原油先物は、日本時間17時13分、前日終値より68セント安い51.03ドルとなっている。 OPECの減産合意にロシアが難色を示していると伝えられ、原油価格を押し下げた模様。 株式市場の急落も、原油市場の重荷となっているようだ。中国企業、ファーウェイ・テクノロジーズの副社長逮捕によって、米中関係が悪化するのではないかと […]

  • 2018.12.06

OPEC総会開幕へ ベネズエラ供給減は深刻

産油国大臣らが調整 OPEC総会を前に OPEC総会が、いよいよ日本時間の本日夜、開かれる。 サウジアラビアは、1月からの大幅な減産の必要性に言及しているが、原油価格を下げるよう要求するトランプ米大統領からの圧力も続いている。 また、調整も難航しているとみられ、サウジは水曜日、ロシアの説得に動いたようだ。 サウジ側は、OPECと協力国で少なくとも日量130万バレルの減産合意をしたいと考えているよう […]

  • 2018.12.06

2018年12月6日【原油】

原油価格は停滞 在庫増と株価下落で 木曜日、原油先物は小幅な値動きとなっている。 WTI原油先物は、日本時間16時57分、前日終値より34セント高い53.26ドルとなっている。 株価下落の影響や、API発表の原油在庫の増加などが、原油価格の重しとなったようだ。 一方、本日開かれるOPEC総会を前に、減産期待が下値を支えているとみられる。

  • 2018.12.04

原油価格が続伸 上昇傾向は続くのか?

原油価格上昇 上値は限定的 原油価格は続伸しているが、上値は限定的で、慎重な動きに見える。 米中貿易戦争の一時休止と、OPEC+による減産への期待から買いが先行していると思われるが、いずれも先行きの不透明感はぬぐえない。 一方、カタールのOPEC脱退が伝えられているが、今のところ市場に大きな影響はなさそうだ。 ゴールドマンサックスは「(G20での発表は)減産決定のために必要な政治的合意ととらえてい […]

  • 2018.12.04

2018年12月4日【原油】

原油価格は続伸 OPEC+の減産期待で 火曜日、原油先物は続伸。 WTI原油先物は、日本時間17時21分、前日終値より46セント高い53.54ドルとなっている。 米中貿易戦争の一時休止と、OPEC+による減産への期待が、引き続き下支えとなっているようだ。 一方、カタールのOPEC脱退が伝えられるなど、先行きの不透明感が上値を抑えているとみられる。

  • 2018.12.03

OPEC総会を前に カナダの減産決定

OPEC+減産へ 詳細はOPEC総会で ロシアとサウジアラビアの協力継続合意を受けて、市場の関心はOPEC総会に移ったようだ。 日曜日には、OPECの議長でもあるUAEのマズローイ エネルギー大臣が「ウィーンでの会合で、OPEC+は2019年の協調減産について合意にいたるだろう」と楽観的な見方を示したと伝えられた。 マズローイ大臣は「OPECのテクニカルチームは、必要な減産水準と減産のベースライン […]

  • 2018.12.03

2018年12月3日【原油】

原油価格は反転 米中貿易戦争の休止で 月曜日、原油先物は前週までの弱気相場から一転し、急騰。 WTI原油先物は、日本時間17時12分、前日終値より2.9ドル高い53.62ドルとなっている。 米中首脳会談で、両国が90日の関税引き上げ停止に合意したことが、原油価格を押し上げた模様。 また、OPEC+による減産への期待も、引き続き強材料となっているようだ。

  • 2018.12.03

G20でロシアとサウジが会談 協調減産の行方は?

G20閉幕 ロシア・サウジ首脳会談 G20は日本時間2日に閉幕。米中首脳会談では、米国が中国への関税引き上げを90日間猶予することに合意したと発表され、世界経済には前向きな材料ととらえられそうだ。 一方、ロシアのプーチン大統領は、G20に参加したサウジのムハンマド皇太子と土曜日会談。両国は、原油市場を管理するための協力関係を、2019年以降も継続することに合意したと発表した。 合意継続について「ど […]

  • 2018.12.03

2018年12月2日【原油】

原油価格は停滞 OPEC+の減産期待が下支え 金曜日、原油先物は小幅な下げに転じた。 WTI原油先物は金曜日、前日終値より54セント安い50.72ドルで取引を終えた。 供給過剰とドル高への警戒感から、原油が売られたとみられる。 一方、OPEC+の減産への期待が支えとなり、下げ幅は限定的となったようだ。

  • 2018.11.30

イラン原油輸出量減少? 協調減産にも期待感

イラン産原油急減? 制裁免除国も買い控え OILPRICEによると、イラン産原油の輸出量は間もなく急減するだろう、と、米のイラン特別代表ブライアン・フック氏が、木曜日の記者会見で語ったようだ。 同氏は、米の「最大限の圧力」によって、すでにイランの原油輸出は100万バレル以上減少しており、さらなる減少も間もなくみられるだろう、とも述べたとされている。 また、S&Pグローバルプラッツの貿易フロ […]

1 25 30