23/23ページ

23/23ページ
  • 2018.11.04

2018年11月4日【原油】

原油価格は下落 イラン経済制裁の免除発表で 金曜日、原油先物は続落。 WTI原油先物は、前日終値より68セント安い62.86ドルで取引を終えた。 8か国がイラン経済制裁の一時免除対象となったと発表されたことで、一段安となったようだ。 8か国には、インドや韓国、トルコなどが含まれるとみられる。  

  • 2018.11.02

イラン経済制裁 増産で供給減を打ち消せるか?

イラン経済制裁による供給減 イラン経済制裁が、いよいよ日曜日の夜中に再開される。 ここ数年で最大の供給途絶となるとみられ、ゴールドマンサックスによると、今年末までにイランの原油輸出量は115万バレルまで減少、2019年はじめには100万バレルまで減少する見通し。 2018年のピーク時は300万バレル近くあったとされ、実に200万バレルの減少となる見込みだ。 主要産油国による増産 一方、ロシアの10 […]

  • 2018.11.02

2018年11月2日【原油】

原油価格は停滞 プラス・マイナス材料が混在 金曜日、原油先物は軟調のまま推移している。 WTI原油先物は、日本時間17時05分現在、前日終値より12セント安い63.42ドルとなっている。 アメリカと中国の貿易摩擦解決への期待などから、原油価格は一時上昇。 その後、8か国がイラン経済制裁の免除対象となることが報じられ、再び下げに転じた。

  • 2018.11.01

市場の無関心 迫る需給ひっ迫

EIA在庫統計(10月31日発表) 水曜日発表のEIA原油在庫統計で、米原油商業在庫は前週比320万バレル増となった。 6週連続の在庫増に市場はかなり弱気となっているように見える。 しかし、米戦略石油備蓄は150万バレル減、ガソリン在庫は320万バレル減、留出燃料在庫は410万バレル減と、大幅な減少となった。 これは、多くの製油所がメンテナンス期間で、原油処理量が減っていることが主な原因とみられる […]

  • 2018.11.01

2018年11月1日【原油】

原油価格は下落 株安と供給増見通しで 木曜日、原油先物は下落。 WTI原油先物は、日本時間16時33分現在、前日終値より20セント高い65.06ドルとなっている。 EIAの統計で原油在庫が増加し、前日は大幅に下げていた。現在はやや戻しているが、引き続き供給増と世界経済の減速による需要減が懸念材料となっている模様。 ロイターによるOPECの増産観測なども、原油価格の下押し要因とみられる。

  • 2018.10.30

市場の妄信? 「供給過剰」のカラクリ

サウジOPEC理事の「供給過剰」発言 サウジアラビアのアーマOPEC理事は先週、「原油市場は、ここ数週間の在庫増を見ると、供給過剰へと移行しつつあるようだ」と述べた。 この発言によって市場は供給増を意識し、原油価格の下落要因となっている模様。 「在庫増」は過大評価? アーマ理事の発言は、5週連続で増加しているアメリカの原油商業在庫が念頭にあるとみられる。 直近では、米原油在庫は前週比で630万バレ […]

  • 2018.10.30

2018年10月30日【原油】

原油価格は停滞 株安と供給増見通しで 火曜日、原油先物はやや上昇。 WTI原油先物は、日本時間14時43分現在、前日終値より51セント高い67.20ドルとなっている。 前日の下げから小幅高となっているが、株安と供給増懸念により、上値が抑えられている模様。 また、IEA事務局長が「原油価格の高騰により消費者の負担が増し、原油需要が減退する可能性がある」と述べたことも、原油価格の重しとなっているようだ […]

  • 2018.10.29

原油の需給、実情は? アナリストが徹底解説!

アジア市場の在庫不足が現実に イラン産原油の主要な輸出先であるアジア市場の原油在庫不足が明らかになった。 リフィニティブ・アイコンのデータによれば、シンガポール近海の海上原油集積所には現在大型タンカー4隻分の在庫があるのみとなっているようだ。 在庫がピークだった2016年半ばでも40隻、前年同時期で15隻分と、年々大幅な減少を見せており、現時点で需要に対して供給が十分でない可能性がある。 リビアに […]

  • 2018.10.28

リグ稼働数増加 シェールオイルの行方

リグ稼働数は6月以降、停滞気味 ベイカー・ヒューズ社は金曜日、米リグ稼働数が、前週比2基多い875だったと発表した。 リグ数が3年ぶりの高水準となる一方、シェールオイル生産の中心地パーミアン地域では、新しい油井からの産油量が減少しているようだ。 EIAが先週発表したデータでは、2016年に日量759バレルだったリグあたりの生産量が、今年11月には595バレルまで落ち込む見込みとなっている。 輸送パ […]

1 23