2/23ページ

2/23ページ
  • 2019.07.26

注目される米経済指標 FOMCを前に 

金価格反発 市場は利下げ待ち?  金価格は金曜日、小幅に反発。 NY金先物は、日本時間12時01分、前日終値より2.7ドル高い、1417.4ドルとなっている。 木曜日には強い米経済データを受け、金価格は約1%下落していた。 一方、利下げ期待や地政学リスクの高まりが、金価格の支えとなっているようだ。 注目される米経済指標 FOMCを前に  ECBは25日の理事会で主要政策金利を0.00%に据え置くこ […]

  • 2019.07.25

米在庫大幅減 市場の反応鈍く

原油価格横ばい 供給増懸念が下押し 原油価格は木曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間13時46分、前日終値より16セント高い56.04ドルとなっている。 サウジとクウェートの油田が再開される可能性が伝えられ、原油価格は押し下げられたようだ。 一方、中東での緊張の高まりが、引き続き原油価格を支えているとみられる。 米在庫大幅減 市場の反応鈍く 水曜日発表のEIA米原油在庫は、前週比1080 […]

  • 2019.07.24

金価格に追い風? 地政学リスクも

金価格反発 利下げ期待が支え  金価格は水曜日、小幅に上昇。 NY金先物は、日本時間12時09分、前日終値より0.5ドル高い、1422.2ドルとなっている。 来週のFOMCを前に、弱い米経済データが示され、金価格の支えとなったようだ。 一方、ドル指数が高い水準まで戻してきたことが、金価格を下押ししているとみられる。 金価格に追い風? 地政学リスクも 火曜日発表の米6月中古住宅販売件数は、前月比1. […]

  • 2019.07.23

イランが英タンカー拿捕 原油供給不足へ?

原油価格横ばい 中東緊張高まる 原油価格は火曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間12時13分、前日終値より1セント高い56.23ドルとなっている。 先週、イランが英タンカーを拿捕した事件を受け、中東の緊張が原油価格を支えたようだ。 一方、IEAが中東危機の際には石油備蓄を放出すると発表したことなどが、上値を抑えたとみられる。 イランが英タンカー拿捕 原油供給不足へ? トラディション・エナ […]

  • 2019.07.22

利下げは25ポイントか 地政学リスクの高まりも

金価格横ばい 利下げ期待後退で  金価格は月曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間13時37分、前週終値より1.2ドル高い、1427.9ドルとなっている。 中東地域での緊張の高まりが、金価格の支えとなっているとみられる。 一方、大幅な利下げへの期待が後退したことで、上値は重くなっているようだ。 利下げは25ポイントか 地政学リスクの高まりも 先週、ジョン・ウィリアムズNY連銀総裁の発言を受け、 […]

  • 2019.07.19

イランの無人機撃墜 原油価格の支えに?

原油価格反発 中東で再び緊張 原油価格は金曜日、小幅に反発。 WTI原油先物は、日本時間13時36分、前日終値より88セント高い56.18ドルとなっている。 原油価格は木曜日、原油需要の減退懸念から、大幅に下落していた。 しかし米軍がホルムズ海峡でイランの無人機を撃墜したと伝えられ、原油価格は反発したようだ。 イランの無人機撃墜 原油価格の支えに? 米国は木曜日、米軍の艦艇がホルムズ海峡でイランの […]

  • 2019.07.18

米住宅着工件数減少 利下げ可能性高まる?

金価格高止まり 米経済データ受け  金価格は木曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間11時39分、前日終値より1.3ドル高い、1424.6ドルとなっている。 6月米住宅着工件数が予想を下回ったことが利下げ期待を後押しし、金価格上昇につながったようだ。 利下げ期待の高まりでドルがやや下げたことも、金価格の押し上げ要因となったとみられる。 米住宅着工件数減少 利下げ可能性高まる? 6月の米住宅着工 […]

  • 2019.07.17

中東緊張はどうなる? 需要堅調の見方も

原油価格ほぼ横ばい 中東の緊張緩和で 原油価格は水曜日、小幅に上昇。 WTI原油先物は、日本時間12時20分、前日終値より19セント高い57.67ドルとなっている。 原油価格は火曜日、トランプ米大統領がイランとの関係改善を示唆したことを受け、3%以上下落。 一方でイランは交渉に消極的で、すぐの解決はないとの見方から、原油価格は下げ止まったようだ。 中東緊張はどうなる? 需要堅調の見方も トランプ米 […]

  • 2019.07.16

様子見ムード広がる 金価格材料乏しく

金価格横ばい 米小売データ受け  金価格は火曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間14時33分、前日終値より3.1ドル高い、1416.6ドルとなっている。 6月の米小売売上高発表を前に、金市場では様子見ムードが広がっているようだ。 一方、FRBによる利下げ期待が、引き続き金価格を支えているとみられる。 様子見ムード広がる 金価格材料乏しく 中国の4~6月期GDP成長率は、年率で6.2%と、ほぼ […]

  • 2019.07.12

OPEC産油量が減少 石油需要は低下か

原油価格ほぼ横ばい 熱帯低気圧の影響も 原油価格は金曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間11時57分、前日終値より26セント高い60.53ドルとなっている。 中東地域の緊張の高まりが、引き続き原油価格の支えとなっているとみられる。 一方熱帯低気圧の影響で、メキシコ湾周辺の産油量が半分以下になっていることも意識されたようだ。 OPEC産油量が減少 石油需要は低下か ロイターによると、熱帯低 […]

1 2 23