News【原油】

1/8ページ
  • 2019.04.16

原油価格は100ドルも? BOAが予測

原油価格小幅に下げ ロシア財務相発言で 原油価格は火曜日、小幅に下落。 WTI原油先物は、日本時間15時44分、前日終値より30セント安い63.27ドルとなっている。 ロシア財務相の「OPEC+はシェアを守るために増産をすべき」との発言が原油価格を押し下げた模様。 ただ、供給不足懸念が原油価格を支え、下げ幅は限定的となっている。 原油価格は100ドルも? BOAが予測 バンク・オブ・アメリカ・メリ […]

  • 2019.04.14

米リグ稼働数増加 シェール産業の展望

原油価格下げ止まり 供給減懸念が支え 原油価格は金曜日、下げ止まり。 WTI原油先物は、前日終値より5セント高い63.76ドルで取引を終えた。 ベネズエラやイラン、さらにリビアでの軍事対立で、原油市場のひっ迫が意識されているとみられる。 また、中国経済データの好転が原油需要減の懸念を和らげたことも、原油価格の支えとなったようだ。 米リグ稼働数増加 シェール産業の展望 米リグ稼働数は2週連続で上昇。 […]

  • 2019.04.11

強い原油相場 弱材料も下げは限定的

原油価格高止まり 米在庫増が重しに 原油価格は月曜日、小幅に下落。 WTI原油先物は、日本時間15時27分、前日終値より17セント安い64.30ドルとなっている。 米原油在庫が2週連続で増加となったことが、原油価格の下落圧力となっている模様。 一方、OPECの減産が拡大していることが、原油価格を支えているようだ。 強い原油相場 弱材料も下げは限定的 水曜日発表されたEIAデータで、米原油在庫は前週 […]

  • 2019.04.08

供給減が加速か リビア生産にも再懸念

原油価格上昇 ブレントは再び70ドル超え 原油価格は月曜日、昨年11月以来の高値をつけた。 WTI原油先物は、日本時間15時25分、前週終値より13セント高い63.39ドルとなっている。 OPEC+の協調減産に加え、強い米経済データが追い風となったようだ。 一方、米リグ稼働数が先週増加に転じるなど、米増産の兆しも見られる。 供給減が加速か リビア生産にも再懸念 原油価格は月曜日、年初来高値を更新。 […]

  • 2019.04.05

原油価格予測 短期的には急騰も

原油価格はやや下落 ブレントは一時70ドル超え 原油価格は金曜日、やや下落。 WTI原油先物は、日本時間15時17分、前日終値より7セント安い62.11ドルとなっている。 ブレント原油価格は、一時70ドルを超えたが、そのあと下げに転じた。 ただ、週足ではブレント原油は2週連続の上昇、WTI原油は5週連続の上昇となっている。 原油価格予測 短期的には急騰も 原油価格は、供給不足懸念と米中貿易協議の進 […]

  • 2019.04.02

OPEC減産加速 米国はイラン追加制裁か

原油価格は高止まり 供給減懸念広がる 原油価格は火曜日、今年の最高値を更新。 WTI原油先物は、日本時間15時12分、前日終値より5セント高い61.82ドルとなっている。 ベネズエラの石油輸出ターミナル停止や、米政府の対イラン追加制裁の可能性が伝えられ、原油価格の上昇要因となったようだ。 また、ロイターの調査で、OPECの3月の産油量が大幅に減少したことも、原油価格を支えた模様。 OPEC減産加速 […]

  • 2019.03.31

投機筋買い越し 供給減懸念が加速

原油価格上昇 制裁と減産が押し上げ 原油価格は金曜日、前日から約1%上昇。 WTI原油先物は、前日終値より67セント高い60.18ドルで取引を終えた。 米国のイラン・ベネズエラに対する制裁とともに、OPEC+の減産が原油価格を押し上げているようだ。 また、先週の米リグ稼働数が前週比8基減となったことも、原油価格の強材料となった模様。 投機筋買い越し 供給減懸念が加速 WTI原油価格は1-3月で約3 […]

  • 2019.03.29

供給不足懸念強まる 原油は強気相場へ?

原油価格下落 米在庫増が重し 原油価格は木曜日、小幅に下落。 WTI原油先物は、日本時間16時17分、前日終値より22セント安い59.18ドルとなっている。 EIA発表の先週の米原油在庫が、前週比280万バレル増だったことが、原油価格を押し下げた模様。 一方で、OPEC+の減産が、引き続き原油価格を支えているとの指摘も多い。 供給不足懸念強まる 原油は強気相場へ? OANDAのシニアアナリスト、エ […]

  • 2019.03.25

需要減vs供給減 原油価格は上か下か

原油価格下落 景気減速懸念受け 原油価格は火曜日、やや下落。 WTI原油先物は、日本時間16時13分、前日終値より41セント安い58.56ドルとなっている。 急速な景気減速への懸念が、原油価格を押し下げたようだ。 OPEC+の減産などによる供給不足懸念が原油価格を支えるものの、それ以上に下落圧力が強いようだ。 需要減vs供給減 原油価格は上か下か 先週末発表された弱い経済データによって、景気減速懸 […]

  • 2019.03.22

協調減産延長へ 迫る供給不足の足音

原油価格横ばい 前日には60ドル超え 原油価格は金曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間16時14分、前日終値より9セント高い59.96ドルとなっている。 前日記録した年初来高値の60.39ドルからはやや下げたが、同水準での推移となっている。 原油価格を支えているのは、OPEC+の減産と、イラン・ベネズエラに対する米制裁とみられる。 協調減産延長へ 迫る供給不足の足音 OPEC+の減産によ […]

1 8