News【原油】

1/10ページ
  • 2019.06.24

OPEC総会7月に 協調減産は延長へ?

原油価格上昇 米在庫減を受け 原油価格は木曜日、やや上昇。 WTI原油先物は、日本時間12時11分、前日終値より30セント高い54.54ドルとなっている。 EIA発表の米原油在庫が予想以上に減少したことが、原油価格の強材料となったとみられる。 また、調整が難航していたOPEC+の次回会合日時が決定したことも、原油価格の支えとなったようだ。 OPEC総会7月に 協調減産は延長へ? EIAが水曜日発表 […]

  • 2019.06.16

原油需給は均衡へ? 米リグ稼働数は減少

原油価格上昇 地政学リスク高まる 原油価格は金曜日、小幅に上昇。 WTI原油先物は、前日終値より31セント高い52.51ドルで取引を終えた。 中東地域の緊張が高まり、供給途絶懸念が意識されたことが原油価格の支えとなったようだ。 ただ、景気後退による原油需要減少の可能性がくすぶり、上値は重いと見られる。 原油需給は均衡へ? 米リグ稼働数は減少 木曜日、再びホルムズ海峡近くで石油タンカーが攻撃を受けた […]

  • 2019.06.13

米原油在庫増加 需要減懸念広がる

原油価格下げ止まり 前日の急落後 原油価格は木曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間13時06分、前日終値より2セント高い51.10ドルとなっている。 水曜日、イエメンの武装組織フーシがサウジの空港を攻撃したと伝わり、原油価格を支えたようだ。 ただ、景気後退懸念が強まる中、在庫増などから原油需要の減少が強く意識されているとみられる。 米原油在庫増加 需要減懸念広がる EIAが水曜日発表した […]

  • 2019.06.10

EIA統計の謎 OPECは減産延長へ

原油価格横ばい 新たな材料乏しく 原油価格は月曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間14時39分、前日終値より30セント高い54.34ドルとなっている。 OPEC+による協調減産が延長されるとの観測が広がり、原油価格を支えているとみられる。 また、米国によるメキシコへの関税が回避されたことも、原油価格の支えとなったようだ。 EIA統計の謎 OPECは減産延長へ サウジアラビアは金曜日、OP […]

  • 2019.06.07

対メキシコ関税 原油価格を押し上げる?

原油価格反発 5か月ぶり安値から 原油価格は金曜日、やや上昇。 WTI原油先物は、日本時間14時45分、前日終値より11セント高い53.29ドルとなっている。 米政府がメキシコ製品に対する関税発動を延期する、と伝えられたことが、原油価格を支えたようだ。 また、OPEC+による協調減産延長の可能性も、原油価格の強材料となっているとみられる。 対メキシコ関税 原油価格を押し上げる? 景気後退懸念に加え […]

  • 2019.06.05

ロスネフチCEO発言 ロシアの思惑は?

原油価格停滞 在庫増で上値重く 原油価格は水曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間15時07分、前日終値より5セント高い53.00ドルとなっている。 景気減速懸念に加え、ロシアが減産から離脱するとの憶測が、原油価格を押し下げているようだ。 また、火曜日発表のAPI米原油在庫が予想に反して増加したことも、原油価格の重しとなったようだ。 ロスネフチCEO発言 ロシアの思惑は? APIが火曜日発 […]

  • 2019.05.31

米原油在庫減少 OPEC産油量も減少か

原油価格続落 世界景気減速懸念で 原油価格は金曜日、続落。 WTI原油先物は、日本時間14時17分、前日終値より41セント安い56.00ドルとなっている。 トランプ米大統領がメキシコからの輸入品に関税をかけると発言し、景気減速懸念が高まった。 また、米原油在庫の減少が小幅にとどまったことも、原油価格の重しとなっているようだ。 米原油在庫減少 OPEC産油量も減少か EIAが木曜日発表した米原油在庫 […]

  • 2019.05.28

米軍の中東追加派遣 原油下げすぎの声も

原油価格横ばい 中東緊張感高まる 原油価格は火曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間11時15分、前日終値より12セント安い59.12ドルとなっている。 中東地域の緊張感の高まりが、原油価格の上昇圧力となっているようだ。 また、OPEC+の減産や、ロシア産原油の汚染問題も、原油価格を支えているとみられる。 米軍の中東追加派遣 原油下げすぎの声も 米政府は金曜日、米軍の中東への追加派遣を発表 […]

  • 2019.05.26

リグ稼働数減少 供給減が加速?

原油価格反発 前日の大幅下げから 原油価格は金曜日、反発。 WTI原油先物は、前日終値より83セント高い59.02ドルで取引を終えた。 米中貿易戦争の激化と、米国の石油需要減速懸念から、原油価格には下落圧力がかかっているようだ。 一方、米リグ稼働数が3週連続で減少したことが、原油価格を押し上げる要因となったとみられる。 リグ稼働数減少 供給減が加速? ベイカーヒューズ社が金曜日発表した米リグ稼働数 […]

  • 2019.05.23

需要減と供給減 不安定な相場続く

原油価格下落 米原油在庫増加 原油価格は水曜日の下落後、木曜日はほぼ横ばいで推移。 WTI原油先物は、日本時間14時39分、前日終値より32セント安い61.00ドルとなっている。 水曜日発表のEIA統計で、米原油在庫が増加したことで、原油価格に下落圧力がかかったとみられる。 また、米中貿易戦争の激化による、石油需要の減少懸念も、原油価格の下落要因となっているようだ。 需要減と供給減 不安定な相場続 […]

1 10