News【原油】

1/18ページ
  • 2019.10.17

需要減懸念広がる 中東リスク高まりも 

原油価格横ばい 米原油在庫大幅増で 原油価格は木曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間12時09分、前日終値より45セント安い、52.91ドルとなっている。 API発表の米原油在庫が大幅増となったことが、原油価格を押し下げているとみられる。 また、世界の景気減速懸念も、引き続き原油価格の重しとなっているようだ。 需要減懸念広がる 中東リスク高まりも  APIが16日発表した米原油在庫は、前 […]

  • 2019.10.11

石油需給ひっ迫へ? 地政学リスク拡大も

原油価格上昇 OPEC減産に期待 原油価格は金曜日、上昇。 WTI原油先物は、日本時間14時56分、前日終値より60セント高い、54.15ドルとなっている。 米中貿易協議について楽観的な見方が広がったことが、原油価格の支えとなったとみられる。 一方、イランタンカーの爆発や、OPECが減産幅の拡大を示唆したことも、原油価格の強材料となっているようだ。 石油需給ひっ迫へ? 地政学リスク拡大も イラン国 […]

  • 2019.10.09

市場は弱気に傾きすぎ? 新たな供給減懸念も 

原油価格下落 米中協議の進展期待が後退 原油価格は水曜日、やや下落。 WTI原油先物は、日本時間14時59分、前日終値より21セント安い、52.42ドルとなっている。 米中貿易戦争激化への懸念が広がり、原油価格にも下落圧力がかかっているとみられる。 一方、イラクやエクアドルのデモ拡大による供給減少懸念が、原油価格の支えとなっているようだ。 市場は弱気に傾きすぎ? 新たな供給減懸念も  米国が中国政 […]

  • 2019.10.04

米中協議がポイントに? 供給減少懸念も 

原油価格反発 2か月ぶり安値圏で 原油価格は金曜日、小幅に反発。 WTI原油先物は、日本時間12時28分、前日終値より18セント高い、52.63ドルとなっている。 世界景気の減速で原油需要が減少するとの懸念から、原油価格に強い下落圧力がかかっているようだ。 また、サウジアラビアの産油能力が完全に復旧したことも、原油価格の弱材料となったとみられる。 米中協議がポイントに? 供給減少懸念も  米中貿易 […]

  • 2019.10.01

くすぶる景気後退懸念 原油価格に下落圧力 

原油価格反発 産油量減少受け 原油価格は火曜日、反発。 WTI原油先物は、日本時間13時22分、前日終値より48セント高い、54.55ドルとなっている。 主要産油国の第3四半期産油量が減少したことが、原油価格の支えとなったとみられる。 一方で、世界景気の減速による原油需要の減少懸念が、引き続き原油価格の重しとなっているようだ。 くすぶる景気後退懸念 原油価格に下落圧力  OPECとロシアの9月の産 […]

  • 2019.09.27

需要減懸念が下押し 供給減懸念も続く 

原油価格続落 サウジ施設復旧で 原油価格は金曜日、下落。 WTI原油先物は、日本時間14時17分、前日終値より30セント安い、56.11ドルとなっている。 サウジの生産量回復を受け、リスクプレミアムが圧縮されたようだ。 また、世界景気の減速による原油需要の減少懸念も、原油価格の重しとなっているとみられる。 需要減懸念が下押し 供給減懸念も続く  14日のサウジの石油施設攻撃により、約570万バレル […]

  • 2019.09.24

需要減懸念再び サウジ施設復旧に疑問も

原油価格横ばい 景気後退懸念で 原油価格は火曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間13時23分、前日終値より30セント安い、58.34ドルとなっている。 サウジの石油施設の復旧時期について様々な見通しが出ており、売り買いが交錯しているようだ。 一方、欧州や日本の製造業PMI低下を受け、原油需要の減少も再び意識されているようだ。 需要減懸念再び サウジ施設復旧に疑問も IHSマークイットが2 […]

  • 2019.09.20

報復で全面戦争も? 米はイラン制裁強化へ

原油価格上昇 イラン外相発言で 原油価格は金曜日、上昇。 WTI原油先物は、日本時間11時12分、前日終値より61セント高い、58.80ドルとなっている。 イランのザリフ外相が、イランへの攻撃が行われた場合は全面戦争になると発言し、原油価格は上昇。 中東の地政学リスクは高い状況が続いており、原油価格の支えとなっているようだ。 報復で全面戦争も? 米はイラン制裁強化へ イランは19日、米国あるいはサ […]

  • 2019.09.18

サウジ石油施設攻撃 くすぶる供給途絶リスク

原油価格横ばい 先週より一段高で 原油価格は水曜日、小幅に下落。 WTI原油先物は、日本時間12時11分、前日終値より51セント安い、58.83ドルとなっている。 14日にサウジアラビアの石油施設が無人機による攻撃を受けたことで、原油価格は急騰。 その後、影響は一時的との見方が広がったが、原油は先週終値より7%以上高い水準で推移している。 サウジ石油施設攻撃 くすぶる供給途絶リスク サウジのアブド […]

  • 2019.09.13

石油需要が下方修正 迫られる減産幅拡大

原油価格反騰 前日の大幅下げから 原油価格は木曜日、上昇。 WTI原油先物は、日本時間11時06分、前週終値より49セント高い、56.24ドルとなっている。 イランに対し強硬的だったボルトン米大統領補佐官が解任されたと伝わり、原油価格は下落。 一方、米原油在庫の減少や、OPEC+の減産幅拡大の可能性が、原油価格の支えとなったとみられる。 石油需要が下方修正 迫られる減産幅拡大 トランプ米大統領は1 […]

1 18