News【ゴールド】

1/4ページ
  • 2019.04.18

リスクオンは続くか 金価格が指標に

金は下げ止まりか 景気減速懸念和らぐ 金価格は木曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間16時52分、前日終値より1セント安い、1276.1ドルとなっている。 中国の堅調な経済データにより景気減速懸念が後退し、安全資産の金は売られた模様。 金価格は年初来安値を更新したものの、弱い独経済データを受け、持ち直したようだ リスクオンは続くか 金価格が指標に TDセキュリティーズの商品ストラテジスト長、 […]

  • 2019.04.15

中国輸出改善 米中協議は進展か

金価格やや下げ リスクオンの流れ受け 金価格は月曜日、やや下落。 NY金先物は、日本時間15時30分、前週終値より2.3ドル安い、1291.2ドルとなっている。 中国の経済データが予想よりも強かったこと、米決算発表が順調な滑り出しだったことが、世界の経済減速懸念を和らげ、リスクオンの流れから金価格は押し下げられたようだ。 中国輸出改善 米中協議は進展か 金曜日発表の公式データによると、中国の3月の […]

  • 2019.04.12

景気減速懸念和らぐ 不確実性は継続か

金価格横ばい 前日の急落後下げ止まり 金価格は金曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間16時18分、前日終値と同じ、1295.9ドルとなっている。 前日には、好調な経済データを受けてドルが買われ、金価格は1%以上下落していた。 また、前回FOMCの議事録でFRBが利上げの可能性を残していたことが、金価格の重しとなった模様。 景気減速懸念和らぐ 不確実性は継続か 木曜日発表の米新規失業保険申請件 […]

  • 2019.04.09

中央銀行の金買い入れ 金価格を支えるか

金価格小幅に上昇 再度1300ドル超え 金価格は火曜日、小幅に上昇。 NY金先物は、日本時間15時41分、前日終値より80セント高い、1302.4ドルとなっている。 月曜日発表の弱い米経済データによってドルが軟化し、金価格を押し上げた模様。 また、トランプ米大統領のFRBに対する利下げ要求や、中国の金保有増加なども材料視されたようだ。 中央銀行の金買い入れ 金価格を支えるか 米商務省発表の、2月の […]

  • 2019.04.08

リスクオンで上値重く 価格支える材料も

金価格やや下落 米雇用者数改善で 金価格は金曜日、やや下落。 NY金先物は、前日終値より50セント安い、1295.9ドルで取引を終えた。 米非農業部門雇用者数の伸びが改善したことを受け、金から株などに資金が流れたようだ。 ただ、米時間当たり賃金の伸びは鈍化したため、金価格の下げは限定的だった。 リスクオンで上値重く 価格支える材料も 金曜日発表の3月の米非農業部門雇用者数は、前月比19.6万人増と […]

  • 2019.04.04

金価格は停滞 新たな材料なく

金価格小幅に上昇 米雇用データ受け 金価格は木曜日、小幅に上昇。 NY金先物は、日本時間16時09分、前日終値より3.1ドル高い1297.4ドルとなっている。 水曜日発表の弱い米経済データが、金価格に予期せぬ支えとなったようだ。 一方、米中貿易協議が合意に近づいていると伝えられ、株価の上昇が金の上値を抑えている模様。 金価格は停滞 新たな材料なく 水曜日発表の3月の米ISM非製造業景況指数は、予想 […]

  • 2019.04.01

先行き不確実性高く 金価格は上昇へ?

金価格やや上昇 景気減速懸念が支え 金価格は月曜日、やや上昇。 NY金先物は、日本時間17時15分、前週終値より3.6ドル高い1294.4ドルとなっている。 勢いのない米経済データや、ドルがやや軟化したことが、金価格を支えた模様。 一方で、米中貿易協議の進展などで、リスク資産が買われ、金価格の上値を抑えているようだ。 先行き不確実性高く 金価格は上昇へ? 1月の米個人消費支出は前月比0.1%増とな […]

  • 2019.03.29

中央銀行の金融緩和 金には強弱両面の影響

金価格続落 ドルの上昇で 金価格は金曜日、続落。 NY金先物は、日本時間16時02分、前日終値より2.8ドル安い1286.8ドルとなっている。 米ドル指数の上昇が、金価格を押し下げているようだ。 一方で、米経済、世界経済の減速懸念の加速が、金価格の下支えとなっている模様。 中央銀行の金融緩和 金には強弱両面の影響 各国中央銀行がハト派姿勢を強め、ECBの低金利据え置きの長期化懸念が高まったことで、 […]

  • 2019.03.26

高まる景気減速懸念 金価格を押し上げるか

金価格やや下げ 安全資産への需要増加 金価格は火曜日、前日の上昇後、やや下落。 NY金先物は、日本時間15時33分、前日終値より2.6ドル安い1319.0ドルとなっている。 月曜日は、米国債利回りの低下や株価下落を受け、安全資産の金買いが進んだとみられる。 その後、国債利回りや株価がやや戻し、金価格は小幅な下落となったようだ。 高まる景気減速懸念 金価格を押し上げるか 米国10年債利回りは月曜日、 […]

  • 2019.03.24

世界景気減速へ? 金需要は増加か

金価格上昇 弱い経済データ受け 金価格は金曜日、上昇。 NY金先物は、前日終値より4.4ドル高い1313.4ドルで取引を終えた。 特に欧州の弱い経済データを受けて世界景気の減速懸念が高まり、金価格を押し上げたようだ。 金価格はこの1週間で1%近く上昇しており、2月初旬頃の水準まで戻してきている。 世界景気減速へ? 金需要は増加か キトコ・メタルズのシニアアナリスト、ジム・ワイコフ氏は「安全資産の金 […]

1 4