endo

1/33ページ
  • 2020.01.24

需要減懸念拡大 原油は弱気相場へ?

原油価格横ばい 新型ウイルス拡大懸念で 原油価格は金曜日、横ばい。 WTI原油先物は、日本時間10時32分、前日終値より8セント高い、55.67ドルとなっている。 中国の新型肺炎感染拡大による原油需要減への懸念から、原油には売り圧力がかかっているようだ。 一方、EIA発表の米原油在庫量がやや減少したことが、原油価格を支えたとみられる。 需要減懸念拡大 原油は弱気相場へ? 中国政府は23日、感染拡大 […]

  • 2020.01.23

広がる供給過剰懸念 原油価格に下落圧力

原油価格下落 需要減懸念広がる 原油価格は木曜日、下落。 WTI原油先物は、日本時間10時03分、前日終値より60セント安い、56.14ドルとなっている。 IEAの供給過剰見通しと、中国の新型肺炎感染拡大への懸念から、原油価格は下落。 また、API発表の米原油在庫量が増加したことが、さらに原油価格を下押ししたとみられる。 広がる供給過剰懸念 原油価格に下落圧力 APIが22日発表した先週の原油在庫 […]

  • 2020.01.22

中国新型肺炎の拡大懸念 金価格の上昇要因に?

金価格横ばい 1560ドルが抵抗に 金価格は水曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間10時41分、前日終値より4.2ドル安い、1553.7ドルとなっている。 新たな材料が乏しい中、1560ドルを超えると利確の売りが出る、という状況が続いている。 一方、中国の新型肺炎の感染拡大への懸念から株価が下落し、金価格の下支えとなったようだ。 中国新型肺炎の拡大懸念 金価格の上昇要因に? 日本銀行は21日 […]

  • 2020.01.21

リビア内戦激化 影響は一時的か

原油価格横ばい 中東情勢に注目 原油価格は火曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間10時11分、前日終値より25セント高い、58.83ドルとなっている。 リビアで2つの油田が操業停止となったことを受け、供給途絶懸念が原油価格を支えたようだ。 ただ、足元で需給のひっ迫が見られないことや、早期解決への期待から、上値は限定的となっている。 リビア内戦激化 影響は一時的か リビアでは、2011年に […]

原油価格横ばい 弱気相場続くか

原油先物市場 概況(2020年1月13日~1月17日) WTI原油先物は17日、前週比0.46ドル(0.78%)安い、58.58ドルで取引を終えた。 前週の大幅な下落の後下げ止まり、ほぼ横ばいで推移した格好だ。 15日の米中貿易協定「第1段階」の合意署名を受け、世界の原油需要回復への期待から、原油価格は 支えられたようだ。 ただ、中国が500億ドル相当の米国産原油・石油製品などを追加購入する合意内 […]

  • 2020.01.20
  • ,

金価格に下落サイン? 政策金利に注目

金先物市場 概況(2020年1月13日~1月17日) NY金先物は17日、前週比0.2ドル(0.01%)高い、1560.3ドルで取引を終えた。 金は15日の米中貿易協定「第1段階」の合意署名を前に売られる場面もあったが、その後反発。 公表された合意内容によると、中国は産業政策の抜本見直しを拒んだままで、米国は中国製品のおよそ7割に制裁関税を課したままとなっている。 合意署名により株価は上昇したが、 […]

  • 2020.01.17

米USMCA承認 原油需要を押し上げるか

原油価格反発 需要増期待で 原油価格は金曜日、ほぼ横ばい。 WTI原油先物は、日本時間10時23分、前日終値より3セント高い、58.56ドルとなっている。 米上院でUSMCA実施法案が可決され、米国産原油の輸出増見通しが、原油価格を押し上げたようだ。 また、米中貿易協定の部分合意による原油需要の回復期待も、原油価格を支えたとみられる。 米USMCA承認 原油需要を押し上げるか 15日に署名された米 […]

米中合意に物足りなさ 安全資産需要は堅調か

貴金属価格上昇 米中部分合意署名受け 金価格は木曜日、ほぼ横ばい。 NY金先物は、日本時間11時31分、前日終値より2.8ドル高い、1556.8ドルとなっている。 水曜日、米中貿易協定「第1段階」の合意署名が行われたが、貴金属先物価格は軒並み上昇した。 公表された合意内容は、米中貿易摩擦への警戒感の払しょくには、不十分と受け止められたようだ。 米中合意に物足りなさ 安全資産需要は堅調か 15日、貴 […]

  • 2020.01.14

金価格は下げの可能性 米中合意署名で

金先物市場 概況(2020年1月6日~1月10日) NY金先物は10日、前週比7.7ドル(0.50%)高い、1560.1ドルで取引を終えた。 先週、米軍の空爆によりイラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官が殺害されたことを受けて、 イランは8日未明、米軍が駐留するイラクのアサド空軍基地などをミサイルで攻撃。 NY金先物価格は中東の緊迫化を受けて、一時1613.3ドルまで急騰した。 その後、米大統 […]

原油価格反落 中東リスクに引き続き警戒

原油先物市場 概況(2020年1月6日~1月10日) WTI原油先物は10日、前週比4.01ドル(6.36%)安い、59.04ドルで取引を終えた。 米軍によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害を受け、イランは8日、米軍が駐留するイラクのアル・アサド空港に、ミサイルによる報復攻撃を行った。 イランの攻撃を受け、事態は一気に緊迫化。WTI原油価格は、一時65ドルまで急騰した。 その後、トランプ米大 […]

1 33