1. HOME
  2. ブログ
  3. 天然ガス投資の基礎知識

天然ガス投資の基礎知識

天然ガス投資の基礎知識

天然ガス投資を始める前に、押さえておきたい基礎知識をまとめました。


米国産天然ガス市場について

1980年代以降、欧米ではガスの小売市場自由化などに伴い、天然ガスの先物市場が発達してきました。米国では、1985年にパイプラインへのオープンアクセスが奨励され、メキシコ湾で生産された天然ガスの取引量が増加。

1990年には、メキシコ湾から全米各地に輸送されるパイプラインの結節点となっている、ルイジアナ州ヘンリーガス処理施設における取引価格を指標として、ニューヨーク商品取引所(NYMEX)に「ヘンリーハブ 天然ガス先物」が上場されました。

2010年台に入ると、シェールガスの生産も本格的に始まり、2019年の米国のパイプライン経由の供給量は、28.3兆cfに達しました。


一方で、LNG(液化天然ガス)の輸出が本格化し始めたのは、2016年以降です。

LNGは、天然ガスをマイナス約160℃で冷却し、液化したものです。体積が気体の約600分の1となり、輸送・貯蔵に便利となりますが、冷却や関連設備の整備、輸送などにコストがかかるため、LNGは気体の天然ガスと比べ、価格が高くなる傾向があります。

2018年頃までは、アジア向けの輸出がメインでしたが、2019年以降は欧州向けの輸出も増え、特に欧州などが寒波・熱波に見舞われた2021年には、米国はカタールやオーストラリアと肩を並べるLNG輸出国となりました。


主要国LNG輸出量の推移(EIAより)


天然ガスの「需要」について

天然ガス相場で最も特徴的なのは、米国内での需給がメインで、他の国・地域の動向の影響を受けにくい、ということです。米国内の生産・消費・備蓄の材料で、ほぼ値動きが決まってくるという点で、他の商品とは少し異なっています。

米国産天然ガスの需要は、2021年時点で、国内消費が生産量の約84%を占め、輸出需要は増えてきたとはいえ、約16%にとどまっています。

したがって、天然ガス相場を考える際には、まず国内消費の動向をチェックする必要があります。

米国内では、天然ガスは発電用の燃料としての需要が最も多く、全体の約40%を占めています。次いで多いのが産業用需要で、ここには化学物質や肥料、水素を取り出す材料としての需要が含まれます。

また、冬季には家庭用や商業施設用の暖房燃料としての需要が大幅に増え、全体の需要を押し上げる傾向があります。


米国内消費量のセクター別内訳(EIAより)



国内消費量のグラフを見ますと、米国内の天然ガス需要は、冬季にピークを付けるパターンが毎年はっきりと確認できます。

価格も気候の影響を受けやすく、天然ガス先物価格は冬季(厳密には、思惑で動きやすいため、冬本番前)にピークをつける傾向が見られます。また、厳冬になると冬の天然ガス需要は大きく増え、価格はより上昇しやすくなる傾向があります。



天然ガスの「需要」について②

国内消費がメインとはいえ、天然ガス相場における輸出需要の重要性も、徐々に高まってきています。

パイプライン経由でのカナダ・メキシコ向けの輸出も増加傾向が見られますが、特筆すべきはLNG輸出量の急速な増加でしょう。

ただ、米国産LNGに対する需要が大幅に増えているにもかかわらず、液化能力の不足が足かせとなり、LNG輸出を一定量以上に増やすことが難しいのが現状となっています。

新たな液化施設の建設申請・着工も進んできていますが、2023年中は頭打ちとなり、生産能力がさらに上乗せされるのは、2024年以降となる見通しです。


米LNG輸出能力の推移(EIAより)



さらに昨年は、米国の液化能力の約2割を占めるフリーポートLNGの液化プラントが、6月の爆発事故以降数か月にわたって停止し、長期間にわたって輸出需要が下押しされる形となりました。

天然ガス先物価格も大きく下押しされ、事故後1か月で、高値9.664ドルから、安値5.325ドルまで、大幅に下落しました。

フリーポートLNGは、2023年4月にはほぼフル稼働に戻りましたが、季節的な要因も相まって、天然ガス価格は2ドル前後で推移しています。


天然ガスの「供給」について

米国の天然ガス生産量は、近年、大幅な増加傾向が続いています。2022年のドライガス生産量は、日量約981億cfに達し、前年比で3.7%増となりました。

4月のEIAエネルギー短観によりますと、2023年の生産量は、日量約1009億cf、2024年には同1016億cfと、さらに増加する見通しとなっています。

EIA天然ガス生産量の推移と見通し


ただ、2023年に入ってからの天然ガス価格の低迷により、生産が控えられるのではないかとの見通しも出てきています。実際に、新たなガス井を掘るガスリグの稼働数は、頭打ちとなっています。




天然ガスの「貯蔵量」について

季節による需要の大幅な変動に合わせ、春・夏・秋に在庫を積み増し、冬に取り崩すという形で、在庫量の変化にも季節性が出やすくなっています。



在庫が多ければ、需給が緩んでいる、少なければひっ迫していると考えられますが、天然ガスの場合は季節変動が顕著で、単純に在庫量の水準だけでは買い材料・売り材料の判断がつきにくいため、5年平均との差が注目されることが多いようです。



5年平均を下回っていれば、どちらかと言えば買い材料、上回っていれば売り材料と見られる傾向がありますし、その差の拡大・縮小も材料となることがあります。天然ガスの在庫=貯蔵量は、毎週木曜日に、EIAが前週末までのデータを発表しています。





(Visited 674 times, 1 visits today)

 

 

重要事項

 

当サイトは、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。よって、株式等の金融商品を助長する趣旨はなく、金融商品等の勧誘や媒介を目的としたものではありません。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

【店頭商品デリバティブ取引のリスク・費用などの重要事項】
店頭商品デリバティブ取引(以下、「CFD取引」という)とは、原資産の値動きを反映する銘柄の売り買いの差金の授受によって決済する店頭商品デリバティブ取引であり、当社とお客様の相対で行われる取引です。また、お客様が所定の証拠金を当社に事前に預け入れたうえで行う証拠金取引であり、証拠金の額を超える金額の取引ができる一方、相場の変動により損失が生じる場合があり、証拠金の額を超える損失が生じる可能性もございます。
<リスクについて>
CFD取引は、その取引の仕組みやリスクが取引所において行われる取引所取引とは異なるため、その取引にあたっては契約締結前交付書面および約款等を十分に読み、それら内容をご理解頂き、かつ承諾頂く必要がございます。CFD取引には、銘柄の市場価格が変動して元本を割り込むリスクや、システム機器、通信機器等の故障等、不測の事態による取引の制限が生じるリスクや、少額の証拠金で大きなレバレッジ効果を得ることができ、大きな利益を得る可能性がある反面、多大な損失を被るリスクがあります。また、損失を抑制する目的でロスカットルールが設けられていますが、通貨等の価格または金融指標や商品価格等の数値の変動により、このルールに基づくロスカットが執行されて、損失が生ずることとなる可能性があり、場合によっては、当該損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。主要国での祝日や特定の時間帯において、また、天災地変、戦争、政変、同盟罷業等の特殊な状況下で、当社からのレートの提示が困難になりお客様が保有するポジションを決済することや新たにポジションを保有することが困難となる可能性があります。当社がCFD取引に関連して取引を行うカバー先の破綻等による取引制限、または建玉及び証拠金の移管等により被る損害等の取引先信用リスクがあります。お客様と当社が行う取引については、相対取引として行うものであり、当社が表示する銘柄等のビッド価格(売付けの価格)とアスク価格(買付けの価格)とに差(スプレッド)があります。CFD取引に関連して発生するスワップポイントについては、金利状況により変動するおそれがあります。CFD取引に係る税制および関連法規の変更等により、現状より不利な条件での取引となる可能性がります。CFD取引に含まれるリスクとして上記に掲げられたものは一般的なものであり、リスクとして全てを網羅しているものでありません。

【リスク・費用などの重要事項】
<リスクについて>
商品先物取引は相場の変動によって損失が生じる恐れがあり、また、当社必要証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、その損失額は預託している証拠金等の額を上回る可能性があります。

<証拠金等の額とレバレッジ>
商品先物取引は委託に際して証拠金等の預託が必要になります。最初に預託する当社必要証拠金額は商品により異なりますが、2023年6月5日現在最高額は取引単位(1枚)当り1,500,000円、最低額は取引単位(1枚)当り20,000円です。国内商品市場取引の必要証拠金額は、毎週日本証券クリアリング機構にて発表されるプライス・スキャンレンジと同額です(損失限定取引を除く)。ただし、実際の取引金額は当社必要証拠金の額の約20倍という著しく大きな額になります。また証拠金等は、その後の相場の変動によって追加の預託が必要になることがあり、注意が必要です。ただし、その額は商品や相場変動により異なります。
<委託手数料について>
商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品・約定値段等によって異なりますが、2023年6月5日現在、最高額は取引単位(1枚)当り11,000円(片道・税込)です。

 

【本サイト使用上の留意点について】
本サイトのコンテンツや情報は当社が信用できると考える情報ベンダーから取得したデータをもとに作成されておりますが、機械作業上データに誤りが発生する可能性がございます。また、当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。ここに示したすべての内容は、当社の現時点での判断を示しているに過ぎません。本サイトは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の商品の売買あるいは取引の勧誘を目的としたものではありません。本サイトにて言及されている投資やサービスはお客様に適切なものであるとは限りません。当社は、本サイトの論旨と一致しない他のレポートを掲載している、或いは今後掲載する可能性があります。本サイトでインターネットのアドレス等を記載している場合がございますが、当社自身のアドレスが記載している場合を除き、アドレス等の内容について当社は一切責任を負いません。本サイトの利用に際してはお客様ご自身でご判断くださいますようお願い申し上げます。
<著作権について>
本サイトは当社の著作物であり、著作権法により保護されております。当社の事前の承諾なく、本サイトの一部もしくは全部引用または複製、転送等により使用することを禁じます。