1. HOME
  2. ブログ
  3. 原油価格回復に合わせて注目したいエネルギー株

原油価格回復に合わせて注目したいエネルギー株

トピックス:原油価格回復に合わせて注目したいエネルギー株

原油価格は、歴史的安値を付けた4月以降、OPEC+の減産や原油需要の回復に支えられ、徐々に回復しつつあります。

バンク・オブ・アメリカは、2021年前半には、原油市場は供給不足に傾き、原油価格は60ドルまで回復するとの見通しを示しています。

依然として新型コロナの影響は大きく、原油価格の上値も重い状況が続いていますが、本格的な価格回復が始まる前に、原油と合わせて注目したいエネルギー関連株をチェックしておきましょう。

配当狙いなら:フィリップス66【PSX】

フィリップス66は、米テキサス州ヒューストンに本社を置く中・下流エネルギー企業です。

2012年に、スーパーメジャーの一つ、米コノコフィリップスから分離独立しました。

(ちなみに、エネルギー企業は、事業内容から「上流:開発・生産」「中流:輸送」「下流:精製・販売」と区別されることがあります)

13の製油所を保有しているフィリップス66は、他の製油企業と同じく、新型コロナによる石油製品需要の落ち込みにより、大きな打撃を受けました。

フィリップス株価は、年初来45%超下落しています。

にもかかわらず、4半期配当金は1株当たり90セント、配当利回りは5.87%となっています。

ただし、直近の6四半期は、増配はされていません。

2020年のEPSは1.10ドル、2021年は5.10ドルになる見通しが示されています。

また、大豆油などから再生可能燃料を精製できるよう、サンフランシスコの製油所を改装し、2024年から稼働する計画となっています。

ESG投資ブームの波にも乗って行けるかもしれません。

メジャーの中では:シェブロン【CVX】

資金力のある大手企業は安心感がありますが、中でも米シェブロンはその代表と言えます。

シェブロンの株価は、年初来約29.7%下落していますが、エクソンモービルのマイナス41.1%や、エネルギーセクターETFのマイナス40.0%に比べると、よく踏みとどまっているようにも見えます。

シェブロンはここ数年、比較的小規模な設備投資を行ってきました。このような方針は、野心的な成長戦略よりも厳格な資本運用が求められる時代には、強みと言えるでしょう。

原油価格が急落した時も、真っ先に資本支出のカットを行い、2020年の資本支出を200億ドルから140億ドルまで縮小しました。

ウッド・マッケンジーは、ロイヤル・ダッチ・シェルとシェブロンを、最も原油安に強い企業として挙げています。

その他注目企業

■ウィリアムズ【WMB】

米ウィリアムズは、米オクラホマ州タルサに本社を置き、天然ガスパイプラインの運営事業を行っています。

2002年の財務危機の際は、ウォーレン・バフェット氏が緊急融資を行ったことでも注目されました。

パイプラインの使用料収入がメインですので、原油価格の変動に業績が左右されにくい企業でもあります。

■レンジ・リソーシーズ【RRC】

米レンジ・リソーシーズは、デラウェア州に拠点を置く、大手E&P企業です。

(E&P:Exploration and Production とは、石油・天然ガス等資源の探索・開発・生産を行う事業のことです。)

コロナショックを受け、苦境が続くエネルギー株の中で、レンジ・リソーシーズは年初来、約68.0%上昇しています。

3月末には、およそ30億ドルの融資枠が銀行との間で再確認されたと発表し、倒産の懸念が後退。Q2決算報告では、コストカットの実現が好感されたようです。


(Visited 110 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

endo

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA®)資格を持つ、さくらインベストのチーフアナリスト。堪能な英語力で、国内外の最新情報をカバー。

 

 

 

 

重要事項

 

当サイトは、当社の経営理念である「株式会社さくらインベストは投資に関する幅広い知識や高次元の技術を発信し、投資家の皆様の喜びに貢献できる企業を目指します」に基づき、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

 

【リスク・費用などの重要事項】
<リスクについて>
商品先物取引は相場の変動によって損失が生じる恐れがあり、また、当社必要証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、その損失額は預託している証拠金等の額を上回る可能性があります。
<証拠金等の額とレバレッジ>
商品先物取引は委託に際して証拠金等の預託が必要になります。最初に預託する当社必要証拠金額は商品により異なりますが、2020年10月5日現在最高額は取引単位(1枚)当り1,300,000円、最低額は取引単位(1枚)当り4,760円です。国内商品市場取引の必要証拠金額は、毎週日本証券クリアリング機構にて発表されるプライス・スキャンレンジと同額です(損失限定取引を除く)。ただし、実際の取引金額は当社必要証拠金の額の約7倍という著しく大きな額になります。また証拠金等は、その後の相場の変動によって追加の預託が必要になることがあり、注意が必要です。ただし、その額は商品や相場変動により異なります。
<委託手数料について>
商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品・約定値段等によって異なりますが、2020年10月5日現在、最高額は取引単位(1枚)当り11,000円(片道・税込)です。

 

 

【本サイト使用上の留意点について】
本サイトのコンテンツや情報は当社が信用できると考える情報ベンダーから取得したデータをもとに作成されておりますが、機械作業上データに誤りが発生する可能性がございます。また、当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。ここに示したすべての内容は、当社の現時点での判断を示しているに過ぎません。本サイトは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の商品の売買あるいは取引の勧誘を目的としたものではありません。本サイトにて言及されている投資やサービスはお客様に適切なものであるとは限りません。当社は、本サイトの論旨と一致しない他のレポートを掲載している、或いは今後掲載する可能性があります。本サイトでインターネットのアドレス等を記載している場合がございますが、当社自身のアドレスが記載している場合を除き、アドレス等の内容について当社は一切責任を負いません。本サイトの利用に際してはお客様ご自身でご判断くださいますようお願い申し上げます。
<著作権について>
本サイトは当社の著作物であり、著作権法により保護されております。当社の事前の承諾なく、本サイトの一部もしくは全部引用または複製、転送等により使用することを禁じます。

 

 




  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。