白金(プラチナ)投資の基礎知識

白金(プラチナ)投資の基礎知識

「白金」プロフィール

白金(プラチナ)といえば、宝飾品に使われる貴金属、というイメージが強いですが、実はいろいろなところで使われています。

優れた触媒作用があるので、自動車排気ガスの浄化触媒や燃料電池、石油精製の触媒の他、コンタクトレンズの中和用ディスクにも使われています。

また、融点が1,769℃と高いので、ガラスの製造工程で使用される装置にも使われます。

さらには、ペースメーカーや抗がん剤など、医療分野でも使用されています。

化学的に非常に安定した金属ですので、2019年5月まで約130年間、「1kg」の定義に使われてきた国際キログラム原器にも、白金が90%使われていました。

「白金」プロフィール2

さらに白金は、金以上に希少性の高い貴金属でもあります。

白金の有史以来の生産量は、約5,100 トンと非常に少なく、金の約17 万トンと比べても、その30分の1以下です。

また、白金鉱山の7割以上が南アフリカに集中しています。採れる地域が限られていますので、そこで何かあった場合は、供給に大きな影響が出ることがあります。

たとえば、南アフリカ鉱山でストライキがあった時や、大規模な停電があった時には、供給が不足する懸念から、白金価格が上昇する傾向がみられます。


白金価格の動向

ニューヨーク市場に上場されている白金先物も、その希少性から、かつては金(ゴールド)よりも高い値段で取引されていました。

しかし、2011年頃からは金価格が白金価格を上回るようになり、さらに同じ白金族のパラジウムとも、価格が逆転しています。

一時2,000ドルを超えたこともあった白金ですが、現在は800ドル以下まで落ち込んでいます。

一方パラジウムはここ数年、供給不足から価格が急騰しています。コロナショックで下落したものの、現在も2,200ドル前後で推移しています。

パラジウムって何?

パラジウムは、主に白金やニッケルなどの副産物として生産される貴金属です。白金(プラチナ)と同じ「白金族」の6元素のうちの一つです。

ちなみに残りの4つは、ルテニウム、ロジウム、オスミウム、イリジウム です。

パラジウムは白金と同様に、主に自動車触媒や電子機器などの工業用として利用されています。

また、世界で採れるパラジウムのおよそ40%がロシア産、37%が南アフリカ産です。やはり採れる地域が偏っていますので、供給が不安定になることもあります。

さらに、副産物としての生産がメインなので生産調整が難しく、近年は需要の増加に生産が追い付いていない状況が続いています。

白金とパラジウムの違いは?

白金とパラジウムはともに自動車の排気ガス浄化触媒として使用されていますが、白金はディーゼル車、パラジウムはガソリン車への使用量が多くなっています。

ディーゼルといえば、2015年に発覚した排ガス不正が思い出されますが、まさにこれが白金価格低迷の要因の一つになったと言われています。

ディーゼル車が売れなくなったことで、そこに使われる白金の需要も減少してしまったのです。

一方で、パラジウム価格の高騰は続いています。白金とパラジウムの価格差は大きく開きましたが、「高いパラジウムの代わりに安い白金を使う」のは、なかなか難しいことだったようです。

ですが、ついに2020年3月、ドイツの化学大手BASFが、パラジウムの分量を減らして、白金を代わりに使う触媒の開発に成功したと、南アフリカの鉱山大手シバニェ・スティルウォーターが発表しました。

実際に新車に取り入れられるまでには、1~2年かかるということですが、パラジウムと白金の価格差は今後、縮小していくかもしれません。

まとめ

白金(プラチナ)投資をはじめる前に、知っておきたいポイント



↓よろしければ、応援クリックお願い致します!

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村


商品先物取引の基礎を学べるセミナーも随時開催中♪   

詳しくはこちらから。

(Visited 171 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

endo

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA®)資格を持つ、さくらインベストのチーフアナリスト。堪能な英語力で、国内外の最新情報をカバー。

商品のいろはカテゴリの最新記事