2018年12月7日【原油】

2018年12月7日【原油】

2018.12.7

原油価格は小幅に下落 OPEC減産に不安感

金曜日、原油先物は小幅に下落。

WTI原油先物は、日本時間17時13分、前日終値より68セント安い51.03ドルとなっている。

OPECの減産合意にロシアが難色を示していると伝えられ、原油価格を押し下げた模様。

株式市場の急落も、原油市場の重荷となっているようだ。中国企業、ファーウェイ・テクノロジーズの副社長逮捕によって、米中関係が悪化するのではないかという懸念が影響しているとみられる。

News【原油】カテゴリの最新記事