2018年11月11日

2018年11月11日

原油価格は続落 ドル高、需要減懸念で

金曜日、原油先物は続落。

WTI原油先物は金曜日、前日終値より90セント安い59.87ドルで取引を終えた。

米国利上げ路線の継続がドル高予測につながり、商品市場の下落圧力となっているようだ。

また、新興国の経済成長減速懸念も、引き続き弱材料となっているとみられる。

The following two tabs change content below.

endo

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA®)資格を持つ、さくらインベストのチーフアナリスト。堪能な英語力で、国内外の最新情報をカバー。                                       ✿記事更新をTwitterでお知らせしています!

News【原油】カテゴリの最新記事