リグ稼働数増加 シェールオイルの行方

リグ稼働数増加 シェールオイルの行方

リグ稼働数は6月以降、停滞気味

ベイカー・ヒューズ社は金曜日、米リグ稼働数が、前週比2基多い875だったと発表した。

リグ数が3年ぶりの高水準となる一方、シェールオイル生産の中心地パーミアン地域では、新しい油井からの産油量が減少しているようだ。

EIAが先週発表したデータでは、2016年に日量759バレルだったリグあたりの生産量が、今年11月には595バレルまで落ち込む見込みとなっている。

輸送パイプラインの不足などでリグ稼働数が頭打ちとなり、油井一本あたりの生産量も減っているとすれば、アメリカによる原油の増産は難しいと考えられる

ロシアのエネルギー大臣、原油供給不足を警告

また、ロシアのノヴァクエネルギー大臣は土曜日、世界の原油市場は供給不足に直面する危険があり、当面ロシアが今の水準以上の減産をする理由はない、と述べた。

先日、サウジアラビアのOPEC理事が、在庫増と供給過剰を指摘して減産の可能性を示したばかり。産油大国の思惑が交錯する中、12月3日のOPEC総会にますます注目が集まりそうだ。

 

「リグ」とは?

「リグ」というのは、「掘削装置」のことで、石油や天然ガスを採取するための井戸を掘る機械です。ベーカー・ヒューズ社が毎週金曜日に発表するリグ稼働数は、北米で稼働する石油リグの数を示しています。リグ稼働数が増えれば、米原油生産量の増加につながるため原油価格の下落要因、逆にリグ稼働数が減れば、生産量の減少につながるため原油価格の上昇要因と考えられます。リグ稼働数が実際の供給量に反映されるのは、半年以上先になると言われています。


本投稿は将来の利益を保証したり、約束したものではありません。また商品先物取引は、元本および利益が保証されている取引ではございません。証拠金に比べて、大きな金額の取引を行うため、ハイリスク、ハイリターンの取引になります。お取引の判断は自己責任にてお願いいたします。

News【原油】カテゴリの最新記事